コース案内

岩と水を駆使したアメリカンタイプコース

喜入カントリークラブは岩・水・自然林を豊富に残し、各ホールとも特徴あるものになっております。
アベレージクラスから上級者まで、様々にクラブ選択の出来るたのしさと、飽きることのないプレーが味わえます。

■コース番号をクリックしていただきますと詳細をご覧いただけます。

YARDAGE(単位:yds)

OUT par B.T R.T L.T
No.1 4 390 375 326
No.2 3 171 155 122
No.3 4 366 317 283
No.4 4 341 323 218
No.5 4 409 394 298
No.6 5 478 462 380
No.7 4 425 413 337
No.8 3 235 181 125
No.9 5 528 518 443
Total 36 3,343 3,138 2,532
IN par B.T R.T L.T
No.10 5 483 470 382
No.11 4 365 338 287
No.12 3 180 161 130
No.13 4 460 425 319
No.14 4 318 291 255
No.15 4 425 360 330
No.16 4 318 298 279
No.17 3 192 164 126
No.18 5 512 490 394
Total 36 3,253 2,997 2,502
G.Total par_72 B.T_6,596 R.T_6,135 L.T_5,034

Local Rule

1. アウトオブバウンズの境界は白杭をもって表示する。 2. 修理地は、青杭又は白線をもって、その限界を表示する。 3. コース内の池・クリークは全てラテラル・ウォーターハザードとし、その境界は赤杭をもって表示する。 4. スルーザグリーンで自分のピッチマークに球がくい込んでいるときは、その球を罰なしに拾い上げてふき、ホールに近づかず、しかも球の止まっていた箇所にできるだけ近いところにドロップすることができる。 5. コース内の道路・階段・溝蓋・防球ネット・固定スプリンクラーヘッド・支柱は動かせない障害物とする。また乗用カートの2本の軌道は、全幅をもって道路とする。 6. 球がハザード内ではない所にある場合で、固定スプリンクラーヘッドがグリーンから2クラブレングス、球からも2クラブレングスの範囲内にあり、しかも球とホールを結ぶプレーの線上に介在しているときは、その球を罰なしに拾い上げてふき、ホールに近づかず、しかも球の止まっていた箇所にできるだけ近い位置にドロップすることができる。 7. 上記以外は全て日本ゴルフ協会の規則による。 8. このローカルルールに追加・変更のあるときは、スタートに掲示して告知する。
※ 18H全てに特設ティを設けてあります。 ※ PAR5・PAR4で第1打がアウトオブバウンズの場合はプレーイング4にて、PAR3で第1打がアウトオブバウンズの場合はプレーイング3にて前方の特設ティよりプレーすることができます。 ※ 8H・12Hで第1打がラテラルウォーターハザードの場合はプレーイング3にて前方の特設ティーよりプレーすることができます。 ◆ 特設ティはご希望に応じてご利用下さい。